審査の甘いクレジットカード厳選おすすめ情報

いま一番人気のクレジットカードはこ れ

審査の甘いクレジットカードは?

クレジットカードの申し込みに必要な記入事項は、住所や電話、生年月日の他に職業や年収などです。

18歳以上から申し込みが可能なクレジットカードなら、保護者についての記入欄があります。初めてクレジットカードを持つ場合、こうした審査は職業や年収によって甘いものになります。


最近では、消費者金融業者がクレジットカードに参入して来ました。一見、危ないような感じも受けますが、こうしたカードはキャッシングを目的にしているので、キャッシング金利は他のカード会社より低くなっています。審査は一番甘いカードですが、ショッピングローンの限度額は低くなっています。

この消費者金融系のクレジットカードはおすすめです。


クレジットカード審査が通らない、最も大きな原因は、支払い延滞です。この支払い延滞が1ヶ月以上にわたると、個人信用情報機関に登録されてしまいます。

そして、こうした支払い延滞が3回以上起きると、ブラックリストにのることもあります。こうしたことは、審査の甘いカード会社でもそれなりに影響します。


新入社員や、転職したばかりの人、それに主婦や、国民保険加入の人などは、消費者金融が提携しているクレジットカードを申請することがおすすめです。

ただし、事故や延滞を起こして、まだ解決できていない人は、こうしたクレジットカードを持つことは難しい場合が多いです。

Read More...

クレジットカードは無職とか主婦でもつくれるのか

クレジットカードを作るときに、審査の上で無職とか主婦であるというのは、確かに厳しいことです。

けれども、申請の時に大事なことは、連絡先をきちんと連絡の取れる番号にすることや、申請用紙に空欄なく、丁寧な正しい字で書くことが、クレジット会社の信頼を得る上で大切なことです。

クレジットカードを申し込む場合のポイントは、連絡の取れる電話番号を書いておくことがとても大切です。申し込み書に書かれている電話番号に、カード会社から電話がかかってくるというのは、よくあるケースです。

無職とか主婦であっても、固定電話か携帯電話をはっきり明記して、連絡が取れるようにしましょう。

クレジットカードを持つことで生活は便利になります。審査が通らないと諦めてかからずに、無職とか主婦の人でも収入源を明記して申請しましょう。

もちろん無職とか主婦といっても色々な場合があって、クレジットカードの審査には、家族の収入レベルも関係してきます。

Read More...

ブラックリストとは?

ブラックリストに載るとお金が借りれなくなる」という噂がありますが、みなさんもご存知かと思います。実際にブラックリストという名簿があるわけではありません。

ブラックリストに載るということはどういうことか、消費者金融の例で詳しく見ていくことにしましょう。


消費者金融においては、融資の申し込みがあった場合、申込者の他社借り入れ状況を、個人信用情報機関に紹介して、調査を行います。

この際に一定期間に他社の融資において支払いが滞った場合、「異動情報」と呼ばれる特別な情報が記録され、以降数年間、融資が受けられないペナルティが発生します。専門用語では「延滞」「事故」などと呼ばれ、通称ブラックとも呼ばれます。


この異動情報に載る、具体的な条件はどのようなものでしょうか?

これは本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが滞る」と、異動情報が個人信用情報期間に登録されます。

その後、延滞を解消し、支払いを済ますと、「延滞解消」という情報が1年間記録として残ります。この情報は5年間「参考情報」として残るため、「延滞解消」したとしても「参考情報」が消えない限り延滞と同じ扱いを受け審査は通りません。


消費者金融では、延滞情報が登録されている申込み者は、どのような事情があっても審査は通さないという社内規定を設けているところがほとんどです。

大手から、準大手、中堅にいたるまでどこも同じような規定になっています。同居家族の中に延滞者がいた場合は消費者金融の審査が通らなくなる可能性が極めて高のです。

Read More...

クレジットカードの審査基準

初めてクレジットカードを申請する場合には、まず、連絡先に電話がかかることがほとんどです。この場合、職業の内容などを口頭で質問されることがあります。

そうして、審査基準に通った場合、その後、事故や延滞がなければ、違うクレジットカードの発行には手間取りません。

クレジットカード会社には、たくさんの種類があります。そして、審査基準もそれぞれのカード会社によって違います。

審査の共通した考え方として、3Cと言われる審査基準があります。3Cとは、申し込みをした人の信用力を判断するための軸になるもので、英語の頭文字をとっています。


個人信用情報機関では、他の会社から借り入れた金額や、その返済状況が細かく調べられます。最後に、コンピューターによって自動的に計算され、評点が付けられます。こうして、スコアリングで、クレジットカードの審査基準に照らし、合格した場合は速やかにカード発行となります。

クレジットカードは、現在いろいろなお店で勧誘されています。クレジットカードを使って、ローンを組むと個人信用情報機関に登録されることになります。

年収の50パーセントを超える多重債務や支払い延滞などは、この機関ですぐに照会されるので、審査基準には達することが出来なくなります。

Read More...

クレジットカードがあればマイレージも貯められる

海外旅行によく行く人であれば、海外での買い物でクレジットカードが使えて、しかもマイレージを貯めることができるのは、一石二鳥です。クレジットカードのポイントを貯めると、それが1ポイントで10マイルもらうことが出来ます。1マイルは2円なので、還元率は、2パーセントです。

マイルを効率的に貯めるにはどうしたらいいでしょうか?

クレジットカードが嫌いな人を除いて、たいていの人はクレジッ トカードを数枚持っているのが普通ですから、まずは、自分の持っているクレジットカードについて、他のカードと比較してみることも大切です。

そして、自分のカードポイントからマイルの一番効率的な貯め方を検討してみるとよいでしょう。

クレジットカードで、マイレージプログラムに移行する場合には、参加登録料が要りますが、も ともと航空会社のカードを持っていれば、この手数料が無料の場合があります。どのクレジットカードを持つことが一番いいか、比較検討することで、マイルの還元額は大きく変わってきます。

普段の生活の中で、カードをよく利用する人であれば、年会費の高いゴールドカードであっても、ポイントの還元率が高いために結局は利益になることが多いで しょう。けれども、あまりカードを使用しない人なら、カード会社を比較してマイルの還元率を検討しても、マイルが使用できない場合もあります。

クレジットカードで、ANAやJALのマイレージコースに移行するには、それぞれのカード会社の定める参加料が必要になってきます。また、移行上限マイルがカード会社によって違います。クレジットカードの特徴を徹底比較して、マイルを効率よく貯めたいものです。

Read More...

クレジットカードで公共料金を払う

クレジットカードで、公共料金を支払う場合には、支払い明細がいろいろな会社から送られてくることはありません。一つのクレジット会社の明細にすべてがまとめられるので、家計簿をつける人には、付け忘れがなく、とても見やすい明細書となります。

すべての支払い状況が分かります。

クレジットカードで支払うことができる公共料金のうち、新聞購読料や、ガスや電気は日本中すべてがその対象となっているわけではありません。各会社に問い合わせてから、クレジットカードに申し込むとよいでしょう。また、すべてのクレジットカードが、公共料金を支払えるわけでもありません。


たとえばNHKの放送受信料は、クレジットカードで公共料金を支払う場合に、今まで1回限りのカード払いでした。けれども、今ではパソコン上からでも、継続してクレジット会社の引き落としが出来るようになりました。

また、新聞の購読料は、ほとんどの新聞社でクレジットカードを使った支払いが出来ます。

クレジットカードで公共料金を支払う場合、カード会社によって支払える公共料金の種類が変わってきます。ガス代や電気代などのすべてにおいて、クレジットカードで支払える種類が多いものを選ぶとよいです。

そして最近では、パソコンから簡単に公共料金をカードで支払う手続きが取れるものもあります。

Read More...

クレジットカードのキャンペーン期間

クレジットカードを作るときは、キャンペーンを利用するのも手です。

クレジットカードのキャンペーンは、たいてい期間を設けて、キャンペーンガールなどによってPRされます。テレビコマーシャルが入る場合もありますし、新聞広告、パソコンのPR広告などもあります。

そうして、クレジットカードの知名度を広げていくことになります。

クレジットカードのキャンペーンで、便利なカードを見つけたなら、ネットで申し込むとよいでしょう。

大事なことは、そのカードが自分のライフスタイルに合っていることや、カードの利用頻度などです。もし、年会費無料であれば、キャンペーンでポイントなどがもらえたりするのでお得です。

クレジットカードを持つことが嫌いな人を除いて、クレジットカードは最低1枚は持っている人が増えてきました。

クレジットカード会社の方でも、顧客を増やすことに必死です。そして、一番顧客を増やすきっかけとなるのが、さまざまなキャンペーンであると言えます。

Read More...